読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年に何度か

年に何度か書くブログ。昔は日記だった。

僕が考えた妖怪シリーズその3「マッチ売りの少女泣かし」

主に夜に活動。その鋭い口先から吐き出す液体は売り物のマッチを的確に捉え、マッチ売りの少女の唯一の楽しみを奪う。

僕が考えた妖怪シリーズその2「わたぬき」

深夜に家に忍び込み、いろんな物から綿を抜く。 夜中、コンビニ袋がカサカサ音を立て、朝になって見たときに何も変化がなければ、「わたつめ」が来た後に「わたぬき」が来たに違いない。

僕が考えた妖怪シリーズその1「わたつめ」

深夜に家に忍び込み、袋という袋に綿を詰める。