読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年に何度か

年に何度か書くブログ。昔は日記だった。

俺とレクレンズ(その2)

その1はこちら→http://d.hatena.ne.jp/kuwa/20131018/reclens

2012/08/20

ラストライブと銘打たれていたワンマンでレクレンズを初めて体験する。そこで発表されたのはビジュアル系バンド「レクレンズ」活動終了→ロックバンド「レクレンズ」始動。
てっきり解散だと思い込んでいたんだけど、ラストライブとは言ったものの解散とはヒトコトも言っていないとの事。
その時点での感情としては、ヴィジュアル系ラストを見れて良かったなーという思いと、ヴィジュアル系じゃないところで活動となると、見る機会はなくなるかな?みたいな感じ。

2013/03/31

Youtubeにアップされていた*1「PerfectBLACK-scene 3- Novel Acoustic Edit」という曲を聴いてドハマリする。*2
この動画は、渋谷homeという小さなライブハウスで4/15に開催されるアコースティックイベントに向けて制作されたMVで、レクレンズ名義ではあるものの実質的にクマさんのソロとも言える作品でした。

2013/04/15

この日しか披露される事は無い「PerfectBLACK-scene 3- Novel Acoustic Edit」を聴きに渋谷homeへ。レクレンズからクマさんのみの出演。
このイベント自体は何かのイベントの前夜祭的な位置づけらしく、特にそのイベントにレクレンズが出演するわけでもないので、傍から見ると不思議な感じではありました。
渋谷homeは名前の通り、アットホームな感じの非常に小さなハコで、カウンターの椅子に座ってまったり鑑賞。
クマさんの出番が終わった後、無配音源をクマさんが配り歩いていたので、貰いに行こうかなと思っていたら、逆にクマさんの方から「kuwaさんですよね?」と声を掛けて頂く。
終演後、もう一人のレクレンズ動員の方を含めた3人でいろいろお話させて頂く。

ここまでに奇跡を起こしてくださった方々

  • 「出っ歯がギターボーカルになるそうです」とvkdbに書き込んだ名無しさん
  • それを何事も無く反映した事を面白がってくれたクマさん
  • 「サマスオトノサプリ」レビューを書いた魚がとれたさん
  • ラストワンマンに行こうか迷っていた所を後押ししてくれたREXのyuyaさん
  • なぜかアコースティックイベントにレクレンズをブッキングした方
  • そのオファーを受けてMVまで制作したクマさん
  • あれがvkdbのkuwaではないかとクマさんに伝えてくれた○○さん

上記の皆さんのおかげで、自分は徐々にレクレンズに興味を持ち、好きになり、ハマっていきました。
このシリーズで一番言いたかったのは、いろんな奇跡の積み重ねがあって、人はその音楽を好きになるんだって事。


あと少し続く

*1:本当は動画を貼りたかったものの既に削除されてしまった

*2:こっそりダウンロードしておいたので、iTunesには入っている