読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年に何度か

年に何度か書くブログ。昔は日記だった。

★★★★/カノジョは嘘を愛しすぎてる

とても良かった。おっさんの中の女子の部分がきゅんきゅんします。ヒロインを演じた新人の娘の歌も演技もなかなか。少女漫画の映画化って、んなわけないだろ。的な感覚のズレを感じがちなんだけど、それが無いので素直に楽しめました。
無理矢理ケチをつけるとしても、ペプシ持ったまま走って来たくだりくらい*1

音楽を題材にした映画は、曲や歌唱力に説得力が無いとがっかりしてしまうけれど、この作品に関してはそんな事はなくて、逆に歌う部分を誤魔化してる映画あったなーと思い返したらBECKで、佐藤健カブってた。あと、この作品のヒロインの娘の歌上手いけどなんかYUIっぽいなと思ったら、YUIが映画デビューした「タイヨウのうた」と同じ監督だった。

*1:炭酸飲料持って走った後に開栓したら大変な事になるだろとか、記者会見抜けだしたのになんのお咎めもないのかとか